英語表現

【外国人に道案内 英語表現37選】質問とその答え方!すぐ使える英会話フレーズ

やばい!外国人から道を聞かれたけどなんで答えればいい?

助けてあげたいのはやまやま、でも最初の一言がでてこない!以前のわたしなら笑ってごまかしその場を立ち去っていたでしょう。もしくは日本語で説明を始めてました。

でも迷っている外国人を前に、英語で受け答えしたい!

この記事では外国人に道を聞かれたときに役立つ「英語の道案内フレーズ」を次の項目にわけて紹介します。

  1. 道案内を英語で「質問」する
  2. 道案内を英語で説明
  3. 迷っている外国人にかける最初の一言
  4. その他(答えられない連れて行く地図など)
  5. 別れぎわに気持ちがあったかくなる一言
  6. 道案内によく使う英単語31選
  7. 道案内の英会話の例文!練習あるのみ!

ぜひ外国人に道案内をするとき、英会話の参考にしてください!

道案内の最初のひとこと!「質問」英語フレーズ6選

英語で道を「質問」されるときの英語フレーズを紹介します。
英語でどんなふうに話しかけられるのかがわかります。

Excuse me!
すみません!

まず、外国人がなにか質問したい場合はだいたい「エクスキューズ・ミー」と話しかけてきます。この言葉をきいたら、なにか困っているんだな(誤っている可能性もある)と察しましょう。

よく使われる道案内の質問英語フレーズをまとめます。

How do I get to(目的地)?
どのようにして(目的地)に行けばいいですか?

Where is the(目的地)?
(目的地)はどこにありますか?

Is there a(目的地)near here?
この近くに(目的地)はありますか?

What’s the way to(目的地)?
(目的地)への行き方は?

Can you tell me the best way to get to (目的地)?
(目的地)へ行くのに一番いい方法を教えていただけませんか?

What is the quickest way to get to(目的地)?
(目的地)へ行くのに一番早い方法は何でしょうか?

”Do you~?”や”Is there~?”Can you~”、”Could you~?(Canの丁寧形)で質問されたら、”Yes”か”No”で答えましょう。

他の質問は、具体的に道や場所を教えてあげます。

道案内の「答え方」英語フレーズ11選

は、実際に外国人から道を聞かれたらどのように答えればいいのか紹介します。

それではこの道案内によく使う11の英語フレーズについて、具体的な使い方を紹介します。

(右・左に)曲がる

Turn right(右に曲がる)
Turn left(左に曲がる)

”Turn right/left”は、道案内の英語で一番出番のあるフレーズです!例文を紹介します。

Turn right at the 1st corner.
最初の角を右に曲がって。

You just turn left at the supermarket. .
スーパーで左に曲がってください。

Please turn right at the traffic lights and keep walking for about five minute.
信号を右に曲がって5分ほど歩き続けてください。

まっすぐ進む

go straight(まっすぐ進む)

「まっすぐ進む」は、”go straight”です。この表現も道案内でよく使います!例文を紹介します。

Go straight on this street.
この通りをまっすぐ進んで。

Please go straight to the end of this Street.
この通りのつきあたりまで、まっすぐ進んでください。

You go straight on, then turn right into Takeshita Street.
そのまま直進して、右にまがると竹下通りに入ります。

~の近くにある

near~

~の近くにある」と説明したいときは”near”を使います。例文を紹介します。

It’s near here.
ここの近くですよ。

~の「隣」にある

Next to~

~の隣」と説明したいときは”next to~”です。例文を紹介します。

It’s next to Starbucks.
スターバックスの隣にありますよ。

「~と~の間」にある

between ~ and ~

~と~の間にある」と説明したいときは”between~and~”をつかいます。例文を紹介します。

It’s between the supermarket and the bank.
スーパー銀行の間にあります

~の前にある

in front of ~

~の前にある」と説明したいときは”in front of~”を使います。例文を紹介します。

There is a Japanese garden in front of the hotel.
ホテルの前には日本庭園があります。

引き返す

Turn back/Go back

もどる」と説明したいときは”go back~”や”turn backを使います。例文を紹介します。

You’ve gone too far. Please go back the way you just came.
行き過ぎてますよ。来た道を戻ってください。

角にある

on the corner

角にある」と説明したいときは”on the corner”を使います。例文を紹介します。

The theater is on the corner of this street.
その劇場はこの通りの角にありますよ。

また、「すぐ近くの角」といいたいときは”around the corner”を使います。

The library is just around the corner.
図書館は、すぐそこの角にありますよ。

道を「横断」する

across the ~

道を「横断する」と説明したいときは”across the [street/road/river…]”を使います。例文を紹介します。

The bank is just across the street.
銀行はすぐ道を横断したところにありますよ。

across“は”in”などと同じ「前置詞の横切る/渡る」です。

※また”across from~”で「~の向かい」という意味でも使います。

こんがらがる単語で”cross“がありますが、こちらは「動詞の横切る/渡る」なので使い方が違います。

You can use the footbridge to cross the road.
歩道橋を利用して道路を渡ることができます。

~に沿って

go along~

~に沿って」と説明したいときは”go along”を使います。例文を紹介します。

Go along the river until you find the gas station on your right.
川沿いにずっと行くと右手にガソリンスタンドがあります。

右手・左手にある

It’s on your[right/left]

右手・左手にある」と説明したいときは”It’s on your[right/left]”を使います。例文を紹介します。

Turn right, and it’s on your left.
右に曲がったら、左手にあるよ

「距離・時間」に関するの英語の答え方4選

どのくらいの「時間」か聞かれたときの英語の答え方4例

How long does it take to get to (Sensoji)?
(浅草寺)へはどの位かかりますか?

目的地が「近い」場合の英語の答え方

It’s not far from here.
ここからそう遠くないですよ。

It’s about a five-minute walk.
歩いて5分くらいのところにあります。

他に、”It’s quite close.”(とっても近いよ)や、”about a ten- minute”(10分くらいだよ)などシンプルに答えてもよいでしょう。

目的地が「遠い」場合の英語の答え方

It’s quite a long way on foot.
歩くとかなり長い道のりです

About a twenty-minute bus ride.
バスで20分ほどかかります

このように、どのくらいかかるのかおおよその目安を伝えます。

どのくらいの「距離」か聞かれたら?答えかた2例

How far is it from here to (the Toyosu Market)?
ここから(豊洲市場)までどれくらいの距離ですか?

どのくらいの距離なのか聞く英語フレーズは他に、”Is it far from here?”(ここから遠いですか?)や”Is is long way?(遠いですか?)、”How far is it to the Haneda airport?” (羽田空港まではどのくらいかかりますか?) などがあります。

It’s about 50 meters from here.
ここから50メートルくらいです。

It’s about a 15 minute walk.
歩いて15分くらいですよ。

このように距離で答えたり、また時間で答えても相手には伝わります。

迷っている外国人を助けたいと思ったら?最初にかける一言 4例

困っている外国人をみつけて助けたい時にかける英語フレーズを紹介します。

Are you Ok?
大丈夫ですか?

相手が確実に困っている状況ならとっさの一言「Are you OK?」が使えます。

Excuse me, are you ok?”とできれば「エクスキューズ・ミー」とセットで覚えてほしい!いきなり話しかける相手を驚かせず尊重した言い方になります。

わたしもイギリスで重いものを抱えて階段を登れないときや、道に迷い地図とにらめっこしている時など”Are you Okay?”と聞かれ、”Oh, I need help!”と返して何回も助けてもらいました。

他に、こまっている外国人への声掛けとしては、、、

Excuse me, may I help you?
すみません、なにかお困りですか?

Excuse me, Do you need some help?
すみません、なにか助けが必要ですか?

相手がもし助けが必要なら、、、

”Yes Please, I’m lost.”(はい、お願いします。迷いました)などの言葉が帰ってくるので、”Ok, Where would you like to go? ”(OK,どこに行きたいの?)などと相手の目的地を聞いて、道案内をしましょう。

相手がもし助けが必要ないときは、、、

”No thanks, I’m fine.”(いいえ、大丈夫です)などの言葉が帰ってくるので、”OK, Jsut asking. Have a good day!”(OK、聞いただけです。いい一日を!)などと締めくくって別れましょう。

答えられない(知らない)ときの英語フレーズ4選

道順や場所を知らないときは、はっきり英語で知らないと伝えましょう。

またコンビニは迷った人のために地図が用意されているし、全国あちこちにあるので道順を聞くのにおすすめの場所です。

Sorry, I don’t know.
ごめんなさい。知りません。

Sorry, I’m not from around here.
ごめんなさい。私はここの出身じゃないから。

Sorry, I don’t live here, I’m a tourist.
ごめんなさい。わたしはここに住んでいません。観光客なんです。

Sorry I can’t help, but you can ask at the convenience store.
残念ながらわたしはお役に立てません。でもあなたはそこのコンビニで聞けますよ。

連れていく・地図に関する英語フレーズ5選

連れて行く場合の英語フレーズ2例

Follow me. I’ll show you the way.
ついて来て。道を教えてあげる。

I am walking pass (目的地)anyway you can walk with me if you would like.
私は歩いて(目的地)を通り過ぎますが、もしよろしければ一緒にそこまで歩いていきますよ。

地図に関する英語フレーズ 3例

Do you want me to draw you a map?
地図を描いてほしいですか?

遠い場所を説明するときに一番説明しやすく相手にもわかりやすいのは「地図をみながらの道案内」。まず地図をもっているか聞いてみましょう。

Do you have a map?
地図をもってますか?

Do you use Google maps?
グーグル・マップを使ってますか?

グーグル・マップじゃなくても、日本でスマホを使っている人なら地図アプリをダウンロードしているはず。地図を見ながらの説明にトライしましょう。

別れぎわのハートフルな英語フレーズ 7選

”Thank you”と言われた時の英語の返事は?答え方4例

You’re welcome.
どういたしまして。

定番の”You are welcome”ですが、ちょっと退屈な返事でもあります。ちょこっと変化球でこんな表現ができたらいいですね!↓

You’re very welcome!
どういたしまして!

My pleasure.
どういたしまして:より丁寧

No problem, I enjoyed helping you.
(問題ないよ。あなたを助けるのを楽しみました)

イギリス人の友人談:もし外国で「Thank you」といって「My pleasure」と返されたら、めちゃくちゃ嬉しいそうです。

別れ際のあいさつ!日本人の高感度爆上がり 3例

別れ際のあいさつってお互いが気持ちよくなれます!

Have a good day!
良い一日を!

Have a nice trip!
良い旅を!

Please enjoy your trip!
どうぞ旅を楽しんでください!

道案内によく使う!便利な英単語43選

「あれ?これって英語でなん言うんだっけ?」とならないために、道案内でよくつかう英単語を紹介します。

この一覧で紹介した英単語は主にアメリカ英語、もしくは一般的に使われている単語です。

アメリカ英語とイギリス英語で違う単語もあります。

例えば、イギリスでは交差点を”zebra crossing”、高速道路を”motorway”、ガソリンスタンドを”petrol station”、ごみ箱を”rubbish bin”といいますが、日本での英会話はそこまで気にする必要はありません。

道案内の英会話の例文!練習しよう

道案内の会話例文をたっぷり紹介します。練習してみましょう!簡単な会話から紹介します。

■道順や場所を知らない場合の答えかた

A: Excuse me, where’s bus terminal, please?(すみません、バスセンターはどこでしょうか?)

B: Sorry, I don’t know exactly where it is. (ごめんなさい。はっきり知りません)

■目的地が近くにある時の答え方

A: Excuse me, where is the post office?(すみませんが、郵便局はどこにありますか?)

B: It’s on that corner.(あの角にありますよ)

A: Thank you!(ありがとう!)

B: You are welcome!(どういたしまして!)

■目的地が角を曲がってすぐのとき

A: Excuse me. How do I get to the museum from here? (すみません。どうやってここから博物館へ行けばいいですか?)

B: Turn right at the corner and then continue for about 10 metes. You’ll see it on your left.(角を右に曲がって、10メートルほど歩きます。左手に見えてきますよ)

A: Thank you!(ありがとう!)

B: My pleasure.(どういたしまして)

■ちょっと複雑な道案内

A: Excuse me! Could you tell me where the nearest bank is, please?(失礼します!一番近い銀行はどこか教えてもらえますか?)

B: Yes, go straight down this street. The bank will be across the street, next to the post office.(はい、この通りをまっすぐ行ってください。銀行は通りの向かいの郵便局のにあります)

A: Thank you very much!(本当にありがとうございます。)

B: My pleasure. Have a good trip!(どういたしまして。いい旅を!)

■どのくらいで到着するか質問されたら?(時間・距離)

A: Excuse me. Is the library far from here?(すみません。図書館はここから遠いんですか?)

B: No, it’s just a three-minute walk. It is across from the police station.(いえ、歩いて3分くらいです。警察署の向かいにありますよ )

A: Thank you so much.(ありがとう)

B: You’re very welcome.(どういたしまして)

■Google mapを使っているか聞く

A: I’m lost. Where am I?(道に迷いました。私はどこにいるんでしょう?)

B: Do you use Google maps? (Googleマップを使っていますか?)

A: Yes!(はい)

B: We are here. Search address at Google maps and you will find it with instructions how to get there.(私達はここにいます。Googleマップで住所を検索すると、道順が表示されますよ)

A: Thank you so much!(本当にありがとう)

B: No problem, I enjoyed helping you.(問題ありません、あなたを助けることができて楽しかったです)

まとめ

以上『外国人に道案内!リアルに役立つ英語フレーズ』の記事を紹介しました。

外国人が道にまよっていたら、勇気をだして声をかけてみませんか?

わたしはイギリスに暮らしていますが、知らない土地で道を聞くのは緊張するし勇気がいることです。道順を教えてくれる人に出会うと、めちゃくちゃ嬉しい!

たとえ道を教えてあげられなくても、地図を一緒に見たり、他の通行人に訪ねたり、なんらかのかたちでサポートできるはず。

「助けようとしてくれる人がいる」と感じるだけで嬉しいものです。まずはこの一言を!

Excuse me, may I help you?
(あの、なにかお困りですか?)

この記事がお役にたてば嬉しいです。アトリ

ABOUT ME
あとり
こんにちは!あとりです 『英語は海外に住んでいるだけでは上達しない』を体現するイギリス在住者 / 英語難民10年以上 / 長年の失敗から学んだ 英語学習の近道を発信 / こんどこそ英語が話せるようになりたい、世界で仕事をしたい、海外暮らしをした!という人を応援しています♪