英語表現

【英語で毎日の挨拶と返事 67選】友達・ビジネス・同僚?相手の心をつかむ英会話フレーズ

英会話で、あいさつの一言がでてこない!
気の利いた返事ができない。。?

「英語のあいさつ」、どんな人にどんな挨拶・返事をすればいいのか、、迷ってませんか?

英語のあいさつは、ビジネスで使うフォーマルな挨拶と、友達や同僚につかうカジュアルな挨拶に大別されます。

この記事では、、

・「カジュアルな英語の挨拶(友達や同僚むけ)」
・「フォーマルな英語の挨拶(ビジネスや目上の人むけ)
・「挨拶の英語の返事のしかた」
・「スラング英語の挨拶(若者向け)」

について しっかり、わかりやすく紹介します。

会話の最初のきっかけをつくる挨拶は、相手の心を強くつかめる魔法の言葉。

文法もシンプルで聞き覚えのある言葉ばかりなので、初心者でも安心です。

相手がイイナ!と思う英語のあいさつと返事、今日から実践しましょう!

あとり
あとり
この記事を書いているのはイギリス在住10年で、英語中級レベルの あとり です。在英生活をとおして学んだ「相手をぐっと引き寄せる」英語のあいさつを紹介します。

英語の勉強がしたいけど、なにからはじめたらいいかまよいませんか?

そんなあなたには 初心者向けの学習プログラムや講師がいるオンライン英会話サービスがおすすめです。

➡「無料おためしがある初心者におすすめのオンライン英会話11選」の記事で紹介していますので、参考にしてください。

わたしは英語ゼロから勉強をはじめましたが、昔は想像もしなかった国の人たちと出会い、地元民しかしらない世界の穴場を旅することができました。

英語学習はあなたの人生を変えるきっかけになります!

目次

カジュアルな英語のあいさつ 26選(友達・同僚・家族・知人のこころをつかむ)

友達・同僚・家族・知人

カジュアルな英語のあいさつは、友達や同僚、家族など親しい間柄だけでなく、相手との関係を近くしたいときにも 効果的につかえます。

カジュアルシーンの英語挨拶はこんな人に対して使います。↓

・同僚・友達・家族とのあいさつ
・オフィスで顔見知りのクライアンやチームメンバーへの挨拶
・ご近所さんや久しぶりにあう友人など
・SNSのチャットやテキストで

また、フォーマルな場面でつかわれることも多いので、全体的に覚えておくと便利。

ゆっくしりした口調で、笑顔とともに挨拶することをおすすめします。攻撃する意思がないことが伝わり、好印象を与えます。

時間帯による英語挨拶フレーズ(朝・昼・夜)

時間帯のあいさつは、とても親しみやすく、温かい印象をもってもらえる最良の言葉です。

■Morning!
(おはよう)

■Afternoon!
(こんにちは)

■Evening!
(こんばんは!)

たった一言で、相手も自分も気分があがるので積極的に声をかけましょう。

ハロー!は一番ポピュラーな英語挨拶フレーズ

おなじみの、“Hello “と “Hi “は、カジュアルな場面で最もよく使われます。

■Hello
(ハロー)

■Hi
(ハイ)

■Hey
(ヘイ)

一般的には、これらの言葉の後に相手の名前や愛称が続きます。英語圏ではフォーマルな場でもファーストネームで呼ぶのは一般的。わたしの弁護士にもキャサリン、学校の先生もトムと、呼び捨てます。

「下の名前を呼び捨てするなんて」、、という日本にありがちは感覚は皆無なので、下の名前で呼びかけることに慣れましょう。

会話例

・Hello,名前. (こんにちは、名前)
・Hey, Dearling(やあ、ダーリン)
・Hi, long time no see.
(こんにちは、久しぶりだね)

「Hello」と「Hi」は、フォーマルな会話でも使われる便利な言葉です。

また、”Hey(やあ)”は 親しい人の間でつかうことが多いです。例えば家族や友達、毎日職場であう同僚など。

強い口調で「ヘイ!」と言うと、「意見をしている」、「注意している」ような印象をあたえます。ただ挨拶したいなら、笑顔でソフトな口調で使うのがポイント。

「元気?」、「調子はどう?」の英語挨拶フレーズ

会った相手には、「元気でしたか?」、「ご機嫌いかが?」と聞くのはあたりまえ。

この項目で紹介する英語のあいさつは、人にあったら反射的に声にだしたい言葉たちです。

■How are you?
(元気?ご機嫌いかが?)

“How are you?”は、時間帯あいさつや、Helloや Hiなどの後に加えられる挨拶で 一番よくつかう王道の挨拶表現です。

英語圏以外の人々は”How are you?”に対する返事をどうかえせばいいのか悩みます。

日本人だけがそうおもっているのではなく、イタリア人の友人やスペイン人の友人たちも「なんて返すのが正解?」と言っているのを何度も聞きました。わたしも最初はまごつきました!

質問というより”Hello”などと同じ「挨拶ことば」と考えるとしっくりします。

英会話に慣れていないうちは、相手になにか意図があるのかと思ってしまい、なんて返そう?と迷う時間がうまれます。

しかし、返事をすぐ返す瞬発力のほうが大事考えているうちに相手は去ってしまうから!

おすすめは「オウム返し法」で、相手のいった言葉を反射的にコピーする方法。

最初のあいさつでつまずくと、会話をふくらませることができないのでもったいない!
とにかく英会話に慣れるまでは「オウム返し」で素早く反応することを心がけましょう。

会話例

A)Hello, 名前. How are you?
(こんにちは、名前。元気?)

B)Hi, 名前. I’m good. Thanks. How are you?
(こんにちは、名前。元気よ。あなたはどう?)

あとり
あとり
”How are you?”は、フォーマルシーンの王道あいさつでもあります

■How are you doing?
調子はどう?(最近)元気にやってる?

”doing”と現在進行形の英語表現は、「少し前~今(=最近)の継続する状況」をたずねています。

この挨拶もとてもよくつかわれています。返事はシンプルでポジティブな答えが一般的といわれています。例えば…

会話例

A) Hi, Tom. How are you doing?
(ハイ、名前。調子はどう?)

B) I’m doing well, thanks. And you?
(いい調子だよ。ありがとう。あなたは?)

■How is it going?
(調子はどう?)

同じく相手の最近の様子をきく英語のあいさつで、よくつかわれるあいさつです。

返事例は、、、
It’s going great!What about you?”(うまくいってるよ!あなたはどう?)


■How you doing?
(元気?/調子どう?)

これも相手の様子を伺う方法で、一般的につかわれています。

■How’s everything(going) ?
(元気?調子どう?)

この質問は「(最近)元気?」と近況を訪ねる英語表現です。

わたしなら返事は、、、

Everything is good.”(なにもかもいい調子)
Everything is going well. Thank you.”(なにもかもうまくいってるよ。ありがとう)

などで返します。

■How are things?
(元気?調子どう?)

最近の状況はどうか聞いているニュアンスの表現です。

返事は、、わたしなら、”Everything’s fine“や”Great Thanks! and you?“などで返します。

■How’s life?
(元気?)

直訳は「人生はどう?」でが、おおざっぱに「元気?」と聞かれていると考えてOKです。

わたしなら、”Pretty well, thank you. How’s yours?”と返します。
(かなりいいよ。ありがとう。あなたは元気?)

「最近どうしているの?」の英語挨拶フレーズ

最近何をしているのかを聞きたいときは、こんな挨拶で声をかけましょう。

■What’s up?
(最近どうしてるの?)

■What’s new?
(最近どうしているの?)

■What’s going on?
(今なにしているの?)

わたしは、この質問が苦手で、「なんだか曖昧な質問だなぁ。。」と返事にすごく困りました!

しかしこれも”How are you?”と同じく、返事はシンプルでOKです。

not much”や”nothing”(かわりないよ)、などよく返事としてつかわれます。

会話例

A) Hey, What’s Up?
(やぁ、最近どう?)

B) Nothing much. How about you?
(かわりないよ。あなたはどう?)

会話例

A) Hello, What’s going on?
(やぁ、何しているの?)

B) Pritty good,and you?
(いい感じよ。あなたは?)

これらのあいさつは、「最近どう?」と、会話のきっかけづくりにつかわれます。

相手に深い意図はほとんどないので、「どう答えよう?」とたじろぐ時間をつくらず、さらっと流す感じでポジティブに軽やかに答えましょう。

「久しぶりだね」の英語挨拶フレーズ

長く会っていなかった友人や、久しぶりに会った知人との挨拶には、これらの言葉をかけましょう。

■Long time no see.
(久しぶりだね)

■It’s been a while.
(久しぶりだね)

■It’s been a long time.
(久しぶりだね)

■It’s been ages.
(長いこと会ってなかったね)

 

この英語表現は、”How are you? “や“how have you been?” など「元気?」という意味の挨拶の後に続くことが多いです。

会話例 1

A)Hi, 名前!Long time no see. How are you?
(やあ!名前、久しぶり。元気にしてる?)

B)Hi,名前!I’m fine, thanks! When was the last time we saw each other?
(やあ、名前、元気だったよ。わたしたちが最後に会ったのっていつだっけ?)

会話例 1

A)I haven’t seen you for ages. How’s everything?
(超ひさしぶりだね。最近どう?)

B)Good to see you 名前!I’m fine, thanks! What’s new?
(会えてうれしいよ、名前。元気だよ、ありがとう。なにか変わったことあった?)

前回から今までの間に おたがいの近況を報告するための挨拶言葉です。

あとり
あとり
ひさしぶりに会うひととは、ハグや握手つきで挨拶をかわすのも「英語圏あるある」!

「会えて嬉しいよ」の英語挨拶フレーズ

ひさしぶりに会う人、偶然再会した人には、ほんわかフレンドリームードになるこの言葉を。

■Good to see you.
(あえて嬉しい)

■Nice to see you.
(会えて嬉しいな)

■It’s great to see you.
(会えてすごく嬉しいな)

■It’s good to see you.
(会えて嬉しい)

 

最初の”Hello”や”Hi”の後によくつかわれます。

やはりよく知った間柄なら、抱擁(ハグ)つきでこの挨拶を交わします。

会話例 1

A)Hello, 名前. It’s good to see you!
(こんにちは、名前、あえて嬉しいな!)

B)Hello, good to see you too!How have you been?
(こんにちは、わたしも会えてうれしい!最近どうしてるの?)

あとり
あとり
イギリスでは男女関係なく ”Lovely to see you.(会えてうれしいです)”という挨拶がよく使われます。かわいらしい表現!わたしもよく使います

「今日一日どうだった?」の英語の挨拶フレーズ

一日の後半に、「今日一日どうだった?」と聞きたいときには、こんな挨拶を。

■How’s your day?
(今日はどうだった?)

■How’s your day going?
(今日はどうだった?)

■How’s your day been?
(今日はこれまでのところどう?)

定期的に会う(SNSでなどで連絡する)人との挨拶でよくつかわれます。

会話例

A)Hello, How’s your day?
(こんにちは、今日はどうだった?)

B)It’s been busy, and yours?
(忙しい日だったよ。あなたは?)

会話例

A)How’s your day been?
(今日はこれまでのところどう?)

B)It’s been really good, thank you. How’s yours been?
(すごくうまくいってる。ありがとう。あなたは?)

フォーマルな英語のあいさつ 9選(ビジネス英会話・目上の人にはこう言おう!)

フォーマルな英語のあいさつは、ビジネスシーンや目上の人に対し「あなたを尊重している)と伝える効果があります。

また 挨拶の際に握手できそうな雰囲気があれば、ぜひやってみましょう。(パンデミックの状況次第)

フォーマルシーンの英語挨拶はこんな人に対して使います。↓

・上司やクライアントとの挨拶
・会議シーン
・目上のひとへの挨拶
・初対面の人(ほとんど知らない人)への挨拶
・英語での面接
・新規のお客さん、怒っているお客さんに対する挨拶

時間帯によるフォーマルな英語のあいさつ表現(朝・昼・夜)

時間帯のあいさつは、ビジネスシーンなどフォーマルな場でもっともよくつかわれます。
”Hello”のフォーマル形といわれています。

■Good Morning
(おはようございます)

■Good Afternoon
(こんにちは)

■Good Evening
(こんばんは)

簡単っぽいけど、実際の場面では「アフタヌーン」と「イブニング」の境界線のあいまいさに混乱しがち。

例えば、私自身の失敗例として イギリスの夏の記事の午後5時ごろ「5時は夜だっけ?」と思い「グッドイブニング」と挨拶したとき、「まだ明るいよ?」と指摘されたことがあります。

イギリスのサマータイムは日没が遅く、暗くなるのはせいぜい午後9時あたり。5時はまだ人々が活動している時間帯だったのでちょっと違和感があったんですね。

でも、この切り替わるタイミングは、人によって微妙にずれています。

英会話初心者なら、午後6時前後を目安にすると安心です。

Good Morning:朝起きてから→正午まで
Good Afternoon:正午→午後6時前後(人によって違う・日没を目処にする人もいる)
Good Evening:午後6時前後→夕食時くらいまで(人によって違う・だいたい9時くらいまで)

特に敬意を強調したいときは、相手の名前を付け加えます。

例:Good morning, Mr Smith.(初対面や、地位の高い人などに対しては敬称付きの姓名で)

例:Good morning, Mark.(知っている人なら、下の名前で)

あとり
あとり
ちなみに”Good night”は、「おやすみ」「グッド・バイ」という意味になるので、会話のはじまりのあいさつとしてはつかいません

「ごきげんよう」、王道的フォーマルな英語の挨拶

フォーマルな場や年配の人の間、握手のときによくつかわれる古風な挨拶、「ごきげんよう」という意味の挨拶を紹介します。

■How do you do?
(ごきげんよう)

特に深い意味がこめられているわけではなく、質問というより”Hello”と同じ「英語のあいさつ言葉」だと考えましょう。

返事もオーソドックスにシンプル・前向きに返します。

How do you do?”とオウム返ししたり、”I’m doing well”(順調です、うまくいっています)と返事しているのをよく聞きます。

会話例

A)Good Afternoon, 名前. How do you do?
(おはようございます、名前。ごきげんよう)

B)Good Afternoon, 名前.I’m doing well thank you.
(おはようございます、名前。順調です、ありがとうございます)

「お会いできて嬉しいです」、初対面で言うべきフォーマルな英語の挨拶

フォーマルな場での初対面の人への挨拶で、スマートな握手とともに この一言を!

相手に礼儀正しい印象をあたえることができるので、自信をもって挨拶しましょう。

■(It’s )Nice to meet you.
(お会いできて嬉しいです)

■Pleased to meet you.
(お目にかかれて光栄です)

さらに次に会ったとき さらに印象づけたいなら あなたはなんと挨拶しますか?

相手に好感を持ってもらいたいなら、”It’s nice to see you again”(またあなたにお会いできて嬉しいです)。

これで相手は「自分のことをちゃんと覚えていたんだな」と、強い印象を与えることができます。やってみて!

会話例

A) Good morning. I’m Kate. Nice to meet you.
(おはようございます。わたしの名前はケイトです。会えて嬉しいです)

B)Good morning kate, I’m 名前.It’s very nice to meet you, too.
(おはようございます。わたしは名前です。わたしもお会いできてとてもうれしいです。)

「お元気ですか?」様子をたずねるフォーマルな英語の挨拶

お元気ですか?は、相手の様子をたずねるときにつかいます。

■How are you?
(お元気ですか?)

■How are you doing?
(お元気ですか?)

”How are you?”はフォーマルな場でも大活躍の王道あいさつです。どんな場面でも効果的につかえるのがいいですね。

”How are you doing?は、”How are you?”よりちょっとカジュアルな印象があるので、ちょっと親しくなってきた人につかってみると、相手との距離が近くなるかもしれません。

久しぶりに会った人に様子を訪ねる、フォーマルな英語の挨拶

久しぶりに会った人には、「最後に会ってから現在までどんな様子だったか」を聞いてみましょう。

この挨拶は、お互いの近況について話題がふくらむきっかけになりますが、フォーマルな場面や相手によっては、「根掘り葉掘り聞かれたくない」と考える人もいます。

ビジネスシーンやあまり知らない人に対しては、しつこく聞かないように注意し、返事もあっさり系がオススメ。

■How have you been?
(お元気でしたか?)

返事は”I’m doing well”や”I’ve been fine”などシンプルに。

もし具体的に説明して会話を広げたいなら、、、

I’ve been(working/studying/traveling…) a lot.“などで 具体的にどんなことがおこったのかを説明します。

会話例

A) Nice to see you again. How have you been?
(またお会いできて嬉しいです。お元気でしたか?)

B)I’ve been great. What about you?
(元気でやっていました。あなたはお元気でしたか?)

英語の挨拶にたいする返事 27選

挨拶にたいして、どんな言葉で返せばいいのか?

単純なようでむずかしいのが「英語のあいさつの切り返し」です。

ここでは 英語の挨拶で一番良くつかわれる”How are you?”(元気ですか)の返事 を中心に紹介します。

他の質問に対しても これらの返事を使うので、読みながらいくつか覚えましょう。

元気です(=I’m fine)と言いたいとき英語の返事12選

”Fine”(元気だよ)は、返事で一番よくつかう表現です。次に”Good”がつづきます。

逆にいえばよく使う”、、、”Fine””Good”で返事されても「ボーリン(退屈な人)」という印象が否めなくなる。。

だから英会話初心者は、”Fine”でもかまいませんが、できればこの2つのワード以外で返事をすることを個人的に強くおすすめします。

相手に「おや?」と興味を持ってもらえる確率があがるから!!

  1. (I’m)Fine(元気だよ)
  2. (I’m)Good(元気だよ)
  3. (I’m)Great(調子いいよ)
  4. (I’m)Well(元気だよ)
  5. So far, so good(これまでのところ、いいよ)
  6. Fantastic!(素晴らしいよ)
  7. Wonderful(素晴らしいよ)
  8. Exellent(めっちゃ調子いいよ)
  9. all right(いいよ)
  10. Terrific(すばらしいよ)
  11. Pretty well/good(すごくいいよ)
  12. Never been better(これまでないくらい元気だよ)
あとり
あとり
ほかにもたくさんの返事表現があります。楽しみながらつかえるようになると上級者!”Better Than Good!”(最高にいいよ!)とかね!

まあまあ(=So so)と言いたいときの英語の返事6選?

特に調子がわるいわけでもなく、特別なニュースがあるわけでもないときに「まぁまぁだね」という意味で使います。

  1. So so(まあまあ)
  2. Not bad(悪くないよ)
  3. Not too bad(そんなに悪くないよ)
  4. OK(まぁまぁ)
  5. As usual(いつもどおりだよ)
  6. All right(まあまあだよ)

何か問題がある、と言いたいときの英語の返事5選?

  1. Not so good(そんなによくない)
  2. Terrible(ひどい状況だよ)
  3. Don’t ask(聞かないで)
  4. Tired(つかれてる)
  5. Pretty bad(かなりよくない)

あとり
あとり
ネガティブな返事は、まだ親しくない人にはあまりつかわないことをオススメします。なんだか愚痴っぽい人だな、などと思われたりします。(経験あり)

もし相手からネガティブな返事がかえってきたら、”What’s wrong?”(どうしたの?)や、”What’s the matter?“(どうしたの│なにか困ってるの?)をつかって、相手の状況をたずねましょう。

相手をサポートできるかもしれないし、沈んだ心によりそうことができます。

会話例

A)How are you?
(元気?)

B)Not so good. How are you?
(あんまりよくないよ。あなたはどう?)

A)I’m ok, what’s wrong?
(わたしは元気、どうしたの?)

他の会話例も見てみましょう。

会話例

A)Morning, Maki. How have you been?
(こんにちは マキ、最近どう?)

B)Morning Dave, Good thanks. How have you been?
(こんにちはデイブ、元気よ、ありがとう。あなたは?)

A)I’ve been busy working.
(仕事で忙しくしてたよ)

B)Wow! Great news! Have you started a new job?
(わぁ!新しい仕事はじめたの?)

あなたはどうなの?」という挨拶返しの英語フレーズ

相手がはじめにあいさつしてきたら、「あなたはどう?」と返します。

この「あなたはどう?」と言うだけで、相手との会話や関係が広がるので、セットで覚えましょう

■You?
(あなたは?)

■And you?
(あなたは?

■How about you?
(あなたはどうですか?)

■What about you?
(あなたはどうですか?)

”you?”は特に親しい仲や若いひとが使うイメージです。わたしはほとんど使いません。

”How about you?”と”What about you?”は和訳すると「あなたはどうですか?」となりますが、ネイティブは微妙に使い分けています。

”How about you?”をつかう場合、「わたしはこうだけど一緒にどう?あなたもわたしと一緒?」などというポジティブな雰囲気を相手に与えます。

”What about you?”をつかう場合は、一緒になにかしたい、あなたも同じ気持ち?という意味はなく、実直に「わたしはこうだけど、あなたはどう?」と単純に聞いているイメージです。

でもこれも微妙につかいわけているだけなので、明確なルールがあるわけではありません!

会話例

A)Hi Ann, Good morning.
(はいアナ、こんばんは)

B)Hi Tomoko,Good morning, how are you?
(こんにちはトモコ、元気?)

A)Fine thanks. How about you?
(元気よ、ありがとう。あなたはどう?)

B)Vrey good, What did you do last night?
(すごく元気よ。昨夜は何をしてたの?)

A) I watched a movie called Titanic with my boyfriend, it was pretty good. Have you seen Titanic?
(わたしは『タイタニック』っていう映画を彼氏とみたよ。すごくよかった。『タイタニック』見たことある?)

このように挨拶を会話のきっかけにして、話をどんどんふくらませていくことが英会話のコツです。おもわぬ新しい情報や、発見が待っています。

相性のいい相手との会話は、もう止まらない!

スラングの英語のあいさつ 5選(若者ことばあそびやSNSでつかえる)

スラングの英語の挨拶は特に若者の間や、SNS上でよくつかわれます。

国によって異なり、かなり多くのスラング表現があります。ここでは映画などでよく聞く 代表的なものをいくつか紹介します。

■Yo!
(ヨー!)

、、これはめちゃくちゃアメリカンなスラング挨拶!
イギリスのわたしの周りでは聞いたことがありませんが、ジョークで使えるかな。

■Howdy!(ハウディー)
(やあ!)

“How do you do? “の略語で、アメリカ南部やカナダの一部の人がつかいます。カウボーイをイメージさせる言葉です。

■Sup(サップ)
(やあ!調子どう?)

「What’s up?」を省略したアメリカのスラングで、若者がよくつかうあいさつことばです。SNSやテキストでもみられます。

■Hiya!(ハイヤ!)
(こんにちは)

これはイギリスでつかわれる“how are you?”の略語ですが、意味は”Hi!”と同じです。
わたしもポロッと使っちゃう!イギリスでは浸透している言葉です。

■Are you OK? (Are you alright?)
こんにちは、大丈夫?

これもイギリスでよく使われるスラング的な挨拶表現です。
「あなた大丈夫なの?」という深い意味はふくまれていないので、返事もあっさり。”I’m fine, thanks.”(元気よ ありがとう)や”I’m OK, and you?”などと返します。

まとめ

以上、英語で毎日の挨拶と返事 67選を紹介しました。

最初の あいさつと返す返事で、あなたのファースト・インブレッションが決まります。

■英会話初心者のあなたなら、まずは反射的に返せる「相手の挨拶のウム返し」で、まごつかないスタートを。

■フォーマルシーンなら、「時間帯のあいさつ+How are you?」が王道です。

■会話に慣れてきたら、あいさつにも余裕がでてくるでしょう。
王道以外の挨拶や返事の表現をつかうと、相手に「おや?面白い人かもしれない」と興味を持ってもらえます。

英語のあいさつは、人の心をつかむ魔法のコトバになります。

今回紹介した英語の挨拶文はどれもシンプルで簡単。会話、返事の例もたくさんあげてみました。

あいさつで いい関係がつくれると、ビジネスがうまくいったり、一生の友人ができたり、一日中ハッピーな気分ですごせたり、とにかくいいことづくし。

今日から ますはひとつ実践してみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。アトリ

ABOUT ME
あとり
こんにちは!あとりです 『英語は海外に住んでいるだけでは上達しない』を体現するイギリス在住者 / 英語難民10年以上 / 長年の失敗から学んだ 英語学習の近道を発信 / こんどこそ英語が話せるようになりたい、世界で仕事をしたい、海外暮らしをした!という人を応援しています♪